一律3万円のサーバースポット保守サービスを開始 ~第三者保守の新しい形としてコスト削減を支援~

サーバー1台からピックアップ可能な『スマートグリットレスキュー』のご紹介

この度弊社では、定期・通年契約の要らない一律3万円のサーバースポット保守サービス『スマートグリットレスキュー』を開始しました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響によりビジネスを継続するためのインフラ予算の削減が求められる中、サーバーのリプレイスが進まず、メーカー延長保守から第三者保守への移行や、定期・通年保守といった“保険的保守”の見直しなどの検討が進められていると存じます。

本来予算を抑えるための『スポット保守』は、“実は高額で利用に不安がある”というイメージを覆せず、特別な状況・環境下での利用に留まり、コスト削減として利用するにはリスクの高い選択肢にならざるを得ませんでした。

弊社はその『スポット保守』の欠点を見直し、経営者とサーバー管理者にとって有益な、ビジネスを支えるためのソリューションとして活用できるサービス『スマートグリットレスキュー』を開始いたします。

スマートグリットレスキューは、定期契約の要らないサーバースポット保守です。
『メーカー保守が終了するが、サーバーのリプレイスができない』
『サービスの延長に伴い、スポット保守で乗り切りたい』
『定期・通年保守を見直したい』
といった、経営者・サーバー管理者の悩みにお応えするサービスとして生まれました。

費用は一律一台30,000円(部品代別・税抜)。定期・通年の契約は必要ありません。
マルチベンダーに対応し、1台から引取が可能です。
またメーカー保守切れ(EOSL)サーバーの延命・延長保守にも対応。
第三者保守サービスとして、より柔軟なサポートをご提供し、お客様のコスト削減を支援いたします。

 

【サービス特徴】
保守費一律3万円
経営者にとって、IT保守にかかる費用は、目にしたくないものです。
特に定期保守はシステム障害が起きない限り、その費用の価値が見えにくいのも事実です。
“保険”を掛けて“安心”を得たいか、“リスク”をとって“利益”を得るか・・・
そんな悩みにお応えするのが、「スマートグリットレスキュー」です。
スマートグリットレスキューは、定期契約の要らないサーバースポット保守です。
費用は一律サーバー一台につき30,000円(部品代別・税抜)です。

個別契約でOK!
定期・通年といった契約を結ぶ必要はありません。都度の個別契約のみでご発注いただけます。受付はホームページから専用フォームにて行うことが可能です。

マルチベンダー/第三者保守サポート
DELL・HP・NEC・富士通・HUAWEI・GIGABYTE・TYANなど、国内外の主要メーカーに対応します。

1台からでも引き取り可能なピックアップサービス付き
担当員がお伺いし、サーバー内部と外装の写真を撮影した上でお引き取りいたします。
修理サーバーは1台から受付可能です。
修理に出すサーバーはお客様作業にてハードディスクを取り除いた状態でご用意頂きます。

修理不可は無償返却
お預かりして修理が不可能と判断させて頂いた場合には、費用は一切掛からず、そのまま無償にてご返却いたします。

安心をご提供
弊社が行ってきた、マルチベンダーのサーバー販売及び第三者保守サービスの豊富な経験と技術を活かした「スマートグリットレスキュー」は、メーカー保守のしがらみから解放される、唯一無二のサーバースポット保守として安心してご利用できます。

弊社では無料相談会を随時開催しています。
スマートグリットレスキュー特設ページにてお問い合わせください。
【スマートグリットレスキュー特設ページ】
https://rescue.gritworks.co.jp/